2015年

4月

03日

川口千里さんのサイン&DVD

若手注目度ナンバーワンのドラマー、川口千里さんのサイン&DVDをいただきました!

幼少の頃からドラムを始め、日本が誇るトップドラマー菅沼孝三に師事。中学生の時にアニメ、けいおんのドラムを叩いてYOUTUBEにアップした動画が世界中で注目を浴び、世界のドラムサイド『ドラムワールド』において、そうそうたる名ドラマーとともに世界のトップドラマー500人の1人に選ばれた。高校生にして東京JAZZに出演するなど、今後の活躍から目が離せません。この小さな身体であらゆるジャンルのドラムを叩く姿は圧巻です!!!今回御縁がありましてサインをいただけました!お店に飾ってます。近々シグネイチャースティックも入荷予定です!

世界中が注目する彼女のドラミングを是非見てみてください!いつか新居浜で出演オファーを出したいものです。

0 コメント

2015年

3月

27日

HEADWAY 2015 HD-115 ATB (全国35本限定) 

全国35本限定製作の『HEADWAY 2015 HD-115 ATB』です。

(※こちらはお客様のご注文分で、既に販売済みです)

ヘッドウェイのホームページ(FACEBOOK)に製作の様子が紹介されるたび、ドキドキして見ていました。僕は本当にヘッドウェイのギターが大好きです。手工ギターに本格的に力を入れだしてから、価格、クオリティー、ルックス、どれをとっても国内、いや、世界のトップクラスだと思います!歴代HD-115はほとんど触ってきましたが、本日届いたこのギターは・・・ケースを開けた瞬間、本当ため息が出ました。美しいトップの杢目。サイド&バックのハカランダのようなローズウッド・・・。そして音をポロンと鳴らしてみての出音の良さと来たら本当堪らないものでした。まだ接着剤などの匂いが香る出来立てホヤホヤの状態でこの生鳴り感!これを弾き込んでいったらいったいどんなに凄いギターになるのでしょうか・・・。出会いから数時間ほどでお客様のもとへ旅立っていきましたが、出来ればもう一度会いたいものです(笑)店頭でも在庫できるよう頑張ります!もしかしたらまだギリギリ入手可能かもしれません!ハズレはありません!欲しい!!!と思った方は是非ご一報ください!


○トップ材:アディロンダック・スプルース単板
○サイド&バック材:マズダスカル・ローズウッド単板
○ネック材:ホンジュラス・マホガニー1ピース
○指板材:エボニー
○下駒材:エボニー
○付属品:純正ハードケース

0 コメント

2015年

1月

29日

Kaotica Eyeball

ご注文いただいた商品のご紹介です!
『Kaotica Eyeball』
何だこれ!????
青色の目玉親父みたいですよね!
これ、いわゆるヴォーカル・レコーディングの時に使うポップガードです。マイク全面をカバーする画期的な球体デザイン。面倒なセッティング無しでいつでもどこでも高品位なサウンドが簡単レコーディング可能です!コンパクトで超超軽量なんで気軽に持ち運びできる優れもの!しかしやっぱりデザインが良いですね!
価格は¥25,000(税抜)
セッティング方法なんかは下記動画をご覧くださいませ!

0 コメント

2014年

11月

26日

ハーモニー ソブリン H1260 ヴィンテージ

1960年代のヴィンテージギター。ハーモニー Sovereign H1260です。

 

ちょっと変わったボディ・スタイですが、何の変哲もない普通のアコギです。

が・・・、大御所、ジミーペイジが愛用していたことで有名です!

そう、レッドツェッペリン時代の代表曲『天国への階段』はこのギターで録音されています!

このギターは高級モデルとかではなく通販の廉価版として当時販売されていました。しかしジミーペイジは、当時から楽器の価値とかブランドとかは全く関係なく、自分が使えると思ったギターは何でも使うというスタンスで、このギターを愛用し続けました。そのおかげでレッドツェッペリン・フリークの間では超有名なギターになりました。日本国内ではほぼ見かけませんが、海外では今でも中々高価な金額で取引されています。

 

今回このギターはお客様のギターを修理でお預かりしました。指板浮きの修正と、全体調整&クリーニングを施しました。修理工程を写真に撮ってないんですけど、結構綺麗に仕上がりました!本当普通のギターですが、何かこのモデルであの名曲の数々を弾いていたんだと想像すると何か不思議な気分になります。何か独特なオーラーがありますね!

一応、天国への階段弾いてみましたが、僕にはあのサウンドは出せませんでした・・・(笑)

0 コメント

2014年

10月

08日

インディーズマガジン

昔、インディーズマガジンという小さな雑誌があった。僕ら世代の人達なら懐かしいっ!て方も多いと思います。大きさは小さいんだけど、結構分厚くて、確かほとんど白黒で、とにかく内容が濃かった。タイトルの通り、インディーズで活動しているバンドのインタビューや、時にはアジアやアメリカなど、海外のインディシーンの紹介記事なんかもあった。そのころはやっぱりインディーズって、もの凄い勢いがあって、自分たちでレーベル作ったり、本当ある意味バンド戦国時代。ジャンルも、パンクロック、スカコア、メロコア、ハードコア、ミクスチャー、UK、オルタナとか、もうはちゃめちゃで、TVから聴こえてくる音楽とは全く違う・・・。そんな時代に、この雑誌のおかげで、全国のバンドの情報を毎月得ることができた。しかも必ず10〜20曲以上収録のオムニバスのCDが付録で付いていて、しかもしかも値段が1,000円ちょっとだった。今思えば本当凄い雑誌だったなと・・・。僕も何冊も買ったけど、手元には1冊も残っていない。多分何度かの引っ越しで捨てちゃったんだろうな〜。もう一度全部読み直したいです。でもオムニバスのCDは辛うじて何枚か残ってるんで大事にします!!!

 

まぁ何が言いたいかというと、果てしないかもしれないけど、またこんな雑誌が出版されるような時代がもう一度くればいいななんて、こないだかなり久しぶりにカウントダウンTV見て、ベスト10に、1位のサザンオールスターズ以外にバンドがいなかったことを目の当たりにしてそう思ったわけです・・・(汗)

 

新居浜もこれからもっと音楽で盛り上がっていけるよう僕も頑張ります!

 

動画は、そんなインディーズマガジンで知った『GREEN MIND』。

その後、GREEN MINDさんには、2002年に主宰した野外イベントにゲストで出演していただきました!僕も歳とったけど、今聴いてもやっぱりかっこいい!!!

0 コメント